はじめての方へ

ようこそ フラワーズへ

 このホームページをご覧になっているということは、きっと、お子さんや、身近な方が、学校に行きたがらない状況なのだと思います。

お気軽にお問い合わせください。

ご参加お待ちしています。

気軽に一歩!

「どんなことやってんのかな?」くらいのお試しの気持ちで参加してください。

 

 一度参加して、「雰囲気合わないな」と感じたら、それっきりでもかまいません。

 また、別の親の会などに参加してみてください。それぞれの親の会で、特徴があります。あなたの居心地のよいところを見つけてほしいです。

 

 と言いつつ、できれば5回は、来て欲しい。

というのは、何回か参加することで見えてくることがあります。初参加の日は、「お茶はどうしたらいいの?」「参加費はどこで払うの?」「場所わかるかな?」「どっから話せばいいのかしら?休んだ日から?入学式から?」「小学生の方も、大学生の方もいるのね」等、と思ってるうちに「終わってしまった~」なんてことも。

 2,3回目は場所や、お茶などの段取りも分かり、やっと、お子さんのことを落ち着いて話せると思います。

 4、5回目くらいから、「あの人、修学旅行のこと聞いてるはるな~。うちも来年やな」とか「あの人、学年一緒やわ。受験とかどうしはるんやろ?」とか、「今日はこのことについて話そう!」とかお互い励まし合う親の会の良さも感じていただけると思います。

 

 初めて参加される方は「問い合わせ」もしくは sm59005@yahoo.co.jpに「○月○日(日程)の人権ふれあいセンター(または、西成区民センター)での親の会に参加します」とメールをお願いします。お名前やお子さんの状況などは特に書いていただかなくってなくても結構です。一週間以内に「参加承りました」と返信したいします。もし、お返事がない場合は、再度送信してください。急遽、日時場所などに変更があった場合は、ご連絡致します。

 

日程と場所は、「ホーム」に記載してます。

会場へのマップは、「アクセス」にあります。

「掲示板」に感想も載せてます。

「問い合わせ Q&A」のコーナーもご覧下さい。

 

先生、親戚の方、ママ友にお願い。

 教職員、スクールカウンセラー、親戚の方、塾・お稽古ごとの先生、ママ友のみなさんにお願いします。 保護者の方に「親の会」があることを伝えてほしいです。

 保護者の方は、お子さんが学校に行きたがらないので、悲しんでいたり、怒っていたり、戸惑っていたりで、なかなか、柔軟な発想をする余裕がありません。「周りの人に、言われるまで親の会なんて発想どこにもなかった!」という人も多いです。

 

 担任の先生としては、保護者の方と協力して児童生徒の指導にあたりたいのに、保護者の方が、攻撃的であったり、愚痴ばかり言ってくることもあると思います。保護者の方も、しんどい思いをされているので、その思いを分かち合う適切な相手がいないので、つい先生方に、、、ということでしたら、行政という立場上、特定の団体が分からないように配慮しながら、お伝えいただければと思います。「保護者の方の集まりもあるようです。『不登校 親の会 大阪(地域)』などで検索されてはいかがでしょう。」と、一言、声をかけてほしいです。

 親戚の人や、ママ友は「結構親の会とかもあるみたいやで、『不登校、親の会、大阪(地域)」とかでググったら出てくるんちゃう?しんどいんやったら、代わりに調べてあげようか?あとでスマホに送ろうか?」とお伝えいただけないでしょうか。

 塾や習い事の先生、支援者の方は、フラワーズのホームページのプリントアウトしたものを「こういうところもあるよ」と渡していただくとか、メールでホームページのURLをお伝えいただくとか、していただけると助かります。

 

 保護者の方は思いのほか、余裕がありません。みなさんのお力添えで、困難を抱えてる子どもたちをサポートしていただきたいです。

 

親の会に参加してよかったこと。

 仲間に出会うことで心細さから解放されました。直接「会う」って大事。

 親の会に参加しただけで、親の対応に変化があり、子どもが未来に向かって歩きだしたという方もいらっしゃいます。

 また、親の会で得た情報から、思春期外来やフリースクール、行政の支援、相談事業、民間の支援を活用されてる方も多いです。ネットでは書いてない口コミ情報や、「家庭教師に来てもらってる」「適応指導教室を使ってる」などの体験談も。「ネットで見た○○ってどう?」という話もよく出ます。

 「担任の先生に電話したほうがいいかな?」「塾?」「病院連れて行ったほうがいいかな?」「本には『朝起こさない』って書いてあったから、起こさなかったけどこの対応でいいのかな?」「仕事辞めたほうがいい?」等、想定外の細か~いできごとに、判断を迷うことがたくさんあります。本に書いてあることも、それぞれに違いますし、迷います。親として毎日の暮らしの中で、何をしていったらいいのか、何ができるのか、やってはいけないことが少しづつ見えてきました。これが親の会の良さだと思いました

 そういうことを同じ立場で、相談し合える場です。

 

気軽に来てください。