学校に行けないわけ(中学生)

 フラワーズではよく、「どうしてうちの子は学校に行けないのかしら?理由(わけ)が知りたい」という話になります。

私も初めのころは、「どうして?どうして?」と思いました。

何度もいろんな人と話す中で、「こうなんじゃないかな」?と思ったことをここに書きます。

 

 中学生の場合「どうして学校が嫌なの?」とか「どうしていけないの?」とか「理由は?原因は?」と尋ねたら、いじめや先生の不適切な対応などというお子さんもいますし、黙ってしまうお子さんもいます。

 

 13歳から15歳。精神的な発達。脳の発達。自分をとらえる、自覚する力の発達。それを表現する言語能力の発達などなどを考えて、どうも、中学生では、「なぜ自分は学校に行けないのか?行きたくないのか?」をとらえるのがまだまだ未熟で、無理なのではないでしょうか?発達段階については、幼児期よりも個人・個人の差、開きは大きくなっていますし、能力もたくさんの側面や種類がありますので、発達の早い子・遅い子がいます。一律に13歳~15歳だからできるとかできないとかと決められないのですが、どうも多くの中学生では、どうして学校に行けないのか?自覚できないように思います。

 

 親が、真剣に関心を向けてくれてるので、子どもも、「答えれるものなら、答えたい」と思ってる子が多いようですが、答えられません。ですから、問い詰めても、答えは出ません。問い詰められて答えられないことに子ども自身も傷ついてるように思います。「僕だってなんでいかれへんのかって思ってる、わからんのや!」って言える子もときどきいます。「わからない」と自覚できてるだけ、すごいと思います。   

 また、親の顔色を見て、親の納得することをいう子もいます。親の納得することを言えばもう問い詰められることから解放され、攻撃がやむ。自己防衛をしています。